築地場外市場で発生した火災は伝導過熱が原因か?

先日、築地場外市場で発生した火災の原因ですが、

熱が木造の壁に伝わる伝導過熱ではないかと言われていますね。

今回火災が発生した築地場外市場は、豊洲移転問題で話題になっている

場内と呼ばれる築地市場の周りに位置しています。

火災が発生した場所は、あの超有名な「井上」というラーメン店です。

築地によく行く人なら、おそらく、多くの人が知っているラーメン店で、

いつも行列ができるぐらい人気のあります。

確かここのラーメン店は、午後1時半にはお店が閉まります。

築地で働いている人も利用されているみたいなので、

早朝に営業してお昼過ぎには営業が終わるのかもしれませんね。

しかし、ここで疑問が一つあります。

なぜ、誰も人がいない時間帯に火災が発生したんでしょうか。

どうやら、店員は午後4時頃には店を閉めて帰ったみたいで、

店内で誰かが火を使うことはなかったと見られます。

そんな疑問が残る中、熱が木造の壁に伝わる伝導過熱が、

今回の築地場外市場で発生した火災の原因ではないかと噂されています。

あくまで仮説ではありますが、こちらのラーメン店はかなり古く、

木造の店舗だったことが予想できます。

一般的に調理場のコンロの周りはステンレス板で覆われていますが、

温度が上がりすぎると、ステンレス板を伝わって木造の壁も加熱されます。

このような状態を伝導過熱と言います。

長時間加熱され続けて温度が上昇した木材は、

水分が蒸発してカラカラに乾燥し、最終的に発火してしまうのです。

一般の家庭のように短時間のコンロの使用ならまだいいですが、

ラーメン店などの飲食店では営業中ずっとコンロを使用しているので、

伝導過熱が起こりやすいのだろうと思います。

きっと、店員が店を出る直前まで火を使っていたのかもしれませんね。

伝導過熱による火災は、200度ほどの低温でも発火するので、

仕込みや開店から店員が店を出る直前まで使用したコンロ周りは、

十分にそれぐらいの温度はあったと推測できます。

今後は、コンロと壁の間を離すとか、壁を耐火性の高い材質に変えるとか、

何かしら対策を考えて、火災予防に努めてもらいたいですね。

稲田防衛大臣は辞任しただけじゃ済まされない!

ようやく稲田防衛大臣が辞任を表明しましたが、

これで、問題が全て解決したわけではありません。

自衛隊の日報問題で隠蔽に関与している疑いがあり、

稲田防衛大臣は辞任に追い込まれたわけですが、

なんか、今回の突然の辞任は逃げたようにしか見えませんよね。

と言うか、自民党が隠蔽疑惑を隠そうとしているんじゃないでしょうか。

だって、来週にも閉会中審査が開かれる予定なのに、

その前に急に稲田防衛大臣が辞任するなんておかしいと思いませんか?

なぜか、直前に黒江哲郎事務次官と岡部俊哉陸上幕僚長が辞めましたが、

防衛省と陸上自衛隊のトップ2人を辞めさせたことで、

防衛大臣が辞めないわけにはいかない状況を作ったんだと思います。

そして、稲田防衛大臣を辞任させて閉会中審査に出席させないで、

そのまま幕引きを図ろうという寸法なんでしょう。

噂では、参考人として閉会中審査には出席すると言われていますが、

出席しなかったら余計に国民の反発を買うことになります。

そんなことをしたら、安倍内閣の支持率低迷に

さらに追い打ちをかけるのは間違いないでしょう。

それにしても、安倍首相はよくもまあこんなダメ防衛大臣を

ここまで辞任させずに引っ張ったものです。

普通ならこんなダメ防衛大臣とっくに辞任しているはずです。

だって、国会答弁ではつまづいてばかりでしたからね。

先日の衆院予算委員会では、共産党議員からの質問に対して、

関係ないことを長いことしゃべり続けて、

委員長に「答弁が長い」と注意されていました。

そう言えば、答弁中に泣いちゃったこともありましたよね。

元々防衛大臣としての資質は全くなかったんでしょう。

とにかく、稲田元防衛大臣は、閉会中審査に参考人として出席し、

隠蔽疑惑についてきちんと説明するべきだと思います。

北朝鮮がミサイルをいつ発射するかわからない時に、

防衛大臣の辞任なんて本当に勘弁してほしいです。

市村正親がババ嵐で痛恨のミスを犯し最弱王になる

「VS嵐」のスペシャル番組の時に毎回行われている企画に、

ババ嵐というババ抜き最弱王決定戦があります。

まず、結論から言うと、俳優で女優の篠原涼子の旦那さんである

市村正親さんが、第14回ババ嵐の最弱王になっちゃいました。

「VS嵐」の中でも人気が高い企画であるババ嵐ですが、

最初は、ただババ抜きをやって面白いんだろうかと思っていたけど、

いざやってみるといろんな駆け引きが見れてすごく面白いんです。

毎回、いろんな芸能人のゲストを迎えて行われるババ嵐ですが、

負けて最弱王になると不名誉な白いジャケットの着用が義務付けられます。

今回、最弱王になった市村正親さんも最後に着用していました。

背中に大きく最弱と書かれた白いジャケットは屈辱でしかありませんね。

でも、なんか市村正親さんは、ちょっと似合っていたというか、

カッコよくも見えたのは気のせいでしょうか。

そして、最弱王になるとその白いジャケットを着用して、

次回のババ嵐にも強制的にでなければなりません。

たぶん、街で見つかったら「最弱王だ~!」とか言われるんでしょうね。

市村正親さんも舞台のお仕事で俳優仲間にいじられそうですね。

ババ嵐と言えば、毎回ファンが注目している名物とも言うべき

リーダーの大野くんや相葉くんのバレバレの行動が面白すぎです。

ババを引いてしまったときの大野くんは小鼻がピクピク動くし、

相葉くんは、相手がババを引かなかった時に、

思いっきり強くカードを掴んで相手にカードを引かせないんです。

だから、ババを持っているのが相手にバレちゃうんです。

そんな毎回面白い駆け引きが見られるババ嵐も、

2017年7月13日の放送で14回目を迎えました。

今回は、嵐のメンバーに加えて、市村正親さん、上戸彩さん、

岡田将生さん、小栗旬さん、堂本光一さん、戸田恵梨香さん、

森高千里さん、山崎弘也さんゲスト8人が参戦。

今回も勝負の行方を左右したのが、

2016年から採用された「シャッフルタイム」というルールです。

これは、足元に設置されたボタンを押すことによって、

サイコロの出目で選ばれた2名の手持ちの全カードを交換します。

自分にババが回ってきた時に押すことで、

上手く行けば他の人と手持ちの全カードを交換できて、

他の人の手にババが渡ってしまうという恐ろしいルールなんです。

しかし、この日の市村正親さんはついてなかったですね。

ババが回って来てすかさずボタンを押したんだけど、

自分ではなく他の2名が交換するという

全く意味のない「シャッフルタイム」になっちゃったんです。

この痛恨のミスで市村正親さんは負けてしまい、

第14回ババ嵐最弱王の座につきました。

次回のババ嵐はいつ放送されるかまだわかりませんが、

市村正親さんは、最弱王から抜け出すことができるのでしょうか。

それとも、再び最弱王になってしまうのでしょうか。

次回のババ嵐の放送が待ち遠しくてなりません。

新井貴浩の代打逆転3ランで広島カープがヤクルトに大逆転勝利!

これが、首位を独走する広島カープの勢いなんでしょうか。

7月7日に行われたヤクルトスワローズ対広島東洋カープの12回戦で、

新井貴浩が、9回2アウトから代打で登場して逆転3ランを放ち、

広島カープを奇跡の大逆転勝利に導きました!

この日のカープ打線は、ヒットは打つものの得点になかなか繋がらず、

8回までヤクルトに8-3と5点差をつけられていました。

よく「野球は9回2アウトから」と言われたりしますが、

この日の新井貴浩がもたらした広島カープの大逆転勝利は、

まさにその格言通りになったような試合でしたね。

9回表の広島の攻撃は、サビエル・バティスタと菊池涼介のソロホームラン、

松山竜平のタイムリー2ベースヒットで3点差に詰め寄ると、

2アウトランナー1・2塁の場面で、代打・新井貴浩が登場。

2ボール1ストライクからのヤクルト小川泰弘が投じた4球目。

小川泰弘渾身のストレートを狙いすましたかのように強振すると、

打球はまっすぐセンター方向に飛んでいき、

そのままバックスクリーンに直撃する起死回生の逆転3ラン。

広島ファンとしては、もう半分諦めかけていた試合を

ベテランの新井貴浩がひっくり返してくれて大興奮でしょうね。

また、新井貴浩自身もすごく嬉しかったんじゃないかと思います。

去年は、2000本安打や300号本塁打を達成するなど、

リーグ優勝に大きく貢献する活躍を見せてくれました。

しかし、今年は、出番が激減して代打で起用されがちですが、

腐ることなくチームのために頑張っています。

新井貴浩の年齢は40歳を超えましたが、体はまだまだ若々しいので、

あと5年くらいは十分に現役で活躍できるかもしれません。

若手の成長もあって試合に出るチャンスは少ないですが、

カープのセ・リーグ2連覇と日本一を実現させるためには、

新井貴浩の力は絶対に必要になってくるでしょう。

何だか新井貴浩の代打逆転3ランで大逆転勝利を収めたことで、

ますます広島カープが勢いに乗って独走しそうな感じがしますね。

サトノクラウンがキタサンブラックを倒して宝塚記念を初制覇

海外のGⅠレースを勝った勢いは、やっぱり本物でしたね。

競馬の前半戦を締めくくる春のグランプリ宝塚記念は、

ミルコ・デムーロ騎手騎乗の3番人気サトノクラウンが、

武豊騎手騎乗の1番人気のキタサンブラックを倒して初制覇。

レースが始まる前までは、現役最強馬で大阪杯、天皇賞・春と

GⅠ連勝中のキタサンブラックが負けるとは思ってもいませんでした。

だって、本当なら今回の宝塚記念を快勝して、

今年の最大目標だったフランス凱旋門賞に挑戦するはずだったからです。

この日も単勝1番人気に支持され、近走の内容も強い勝ち方なので、

おそらく、競馬ファンの大半が勝つだろうと思っていたはずです。

ほとんど死角らしい死角が見当たりませんでしたからね。

ただ、あえて死角を探すとすれば、雨による馬場の悪化でした。

事前の予想では、馬場が悪くなると少し心配と言われていたので、

気にしてはいましたが、その心配が現実になってしまったんです。

一方、週末の雨予報を大歓迎していたのがサトノクラウン陣営です。

サトノクラウンは、馬場が悪化した道悪が大得意の馬で、

雨が降れば、一発あるかもと思っていました。

昨年末には、香港のGⅠレース・香港ヴァーズにおいて、

昨年の凱旋門賞2着馬を破って優勝したくらいの馬なので、

実力的には、十分に勝てるだけのものを持っていたからです。

そして、実際のレース本番では、その実力を遺憾なく発揮し、

着差以上の強い勝ち方で国内GⅠレース初制覇を果たしました。

それにしても、キタサンブラックはどうしちゃったんでしょうか。

9着に沈みましたが、ここまで大敗したのは2年ぶりぐらいです。

レース中にどこかケガをしたということではなかったみたいなので、

すばらく休んでまた秋に元気な姿を見せてもらいたいです。

でも、残念なのは、キタサンブラックが今年の秋に予定していた

フランス凱旋門賞への挑戦を断念したことです。

宝塚記念のレース後に開かれた記者会見で、

北島三郎オーナーが、秋は国内に専念させると発表されました。

まあ、凱旋門賞制覇の夢は、サトノダイヤモンドに託すとして、

キタサンブラックには、また秋に国内での活躍を期待しましょう。

肝臓が弱ったら『しじみ』の栄養成分オルニチンを補給しよう!

どうもお酒の飲み過ぎで、肝臓の機能が弱ってしまったのですが、

兄から勧められた「しじみエキス」を飲んだら治ってしまいました。

自分でも信じられないのですが、兄の話の通りになってしまいました。

兄は、お酒の飲み過ぎで肝臓の数値が180にもなり

基準値の倍ちかくなりました。

それでも、仕事の接待が数日おきに入り、困っていたそうです。

お酒を飲みながら、肝臓を強くするなら

【しじみ】しかないと毎日食べていたそうです。

しかし、食事でしじみを摂るのは大変と

奥さんが買ってきたのがしじみエキスです。

しじみエキスを毎日3粒飲み続けて、

1か月後の血液検査で数値が戻ったといいます。

この話を聞いて、信じる人は少ないと筈です。

わたしだって、まるで信じてませんでした。

すると突然、兄から荷物が届きました。

兄が飲んでいるしじみエキスが5袋も送られてきました。

そして、兄のメッセージは、毎日飲め!

でも、お酒は辞めなくてOK!

とにかく3ヶ月やれ!

こんな事がキッカケでしじみエキスを始めました。

そして、2か月後に血液検査をすると、異常なし!

嘘でしょ~!

そりゃ驚きますよ。

兄の言った通りになってしまいました。あまりにも嬉しかったので、兄の好きな日本酒をプレゼントしました。兄からは、感謝の言葉と一緒に、俺たちの酒好きは遺伝かもな?肝臓が悪くなっても、酒が辞められんのは重症じゃ!と言ってました。

2日間3食置き換え酵素ダイエットやってみた!

2週間後の健康診断があるので、短期間で体重を軽くしたい!

そんな即効性のあるダイエットを実践しようと思い、選んだのが2日間に渡って行うプチ断食。

しかし、それでは体に負担がかかってしまいますので、体に必要な栄養素を酵素ドリンクなどから摂るようにします。

とにかく固形物を一切摂りません。

体に必要な栄養素をしっかり摂りながらプチ断食を実践しました。

プチ断食前日には、消化に良い食べ物を腹八文目にして、

2日間の朝食、昼食、夕食の3食を酵素ドリンクに置き換えます。

そして、3日目は、回復職として体に優しいスープやおかゆを食べます。

注意点がいくつかあります。

1日1.5リットル以上の水を飲みましょう。

プチ断食中は激しい運動避けましょう。

断食後は胃腸に負担をかけないおかゆやスープなどの回復食を摂り少しずつ通常食に戻していきます。

断食をしている時には、体質や体調によって、眠気やだるさなどを感じる場合は中止しましょう。

市販の酵素ドリンクを使ったのは、ダイエットの源であるアミノ酸や

体調管理に欠かせないビタミン類やミネラルが濃縮され豊富に含まれているので

ダイエットの身体に負担をあまりかけることなくダイエットが実践できるかと思います。

冬に知っていると得する事!

くりぃむ しちゅーが出演のTV番組『ハナタカ!優越館 』で放送していたんですが、寒い冬の季節知っていると得することを紹介します。

■効果的な加湿器置き方
乾燥する冬の季節に必需品なのが加湿器です。皆さんはお部屋のどこに加湿器を置いていますか?

実はエアコンの下に加湿器を置くと、風に湿った空気が乗って部屋全体に行きわたります。※試す場合は正しい使用法を確認してから行ってください。

■夏と冬の牛乳は味が違う
夏に飲んでいる牛乳と、冬に飲んでいる牛乳の味が違うと感じたことありませんか?

実は、冬になると牛乳は濃い味になる!って知っていました?

これは、牛乳の成分乳脂肪が関係していて、冬になる寒さに備えて牛が脂肪を蓄えるようになるので乳脂肪分が多くなるかなんだそうです。

■子どもと大人では湯船に浸かる時間が違う
お子さんと一緒にお風呂に入っているご家庭も多いかとおもいますが、湯船に入っている時間は子供と大人では注意が必要なんだそうです。

その理由は、子供は大人よりも平熱に戻す体温調節作用が弱いため、入浴時間は子供のほうが短めにしたほうが良いんだそうです。

■炭酸入浴剤の入れるタイミング
炭酸入浴剤には入れるタイミングを間違えるともったいないことになってしまいます。

アツアツの湯船に入れると炭酸ガスが早く抜けてしまいます。

炭酸入浴剤は約40℃が効果的なんだそうです。※商品によって違う場合もあります。

■毛布をかけている人は勿体ない使い方
寒い冬、掛布団だけでは寒くて毛布を使いますが体の上にかけている人は勿体ない使い方をしています。

実は毛布は、体の上にかけ時の布団の中の温度は24,9℃、しかし、体の下に敷いたは、27,3℃と、体の下に敷いた方はが暖かいんですよ。

■こたつの赤は赤外線ではない
こたつの中が赤いのは、温かいと言う演出ために赤いランプを使い、こたつは暖かいと感じさせるため。赤外線は目に見えません。

■ヒートショックを避けるお風呂の溜めかた
12月・1月に多くなる心筋梗塞の原因は急激な温度差がもたらす血管の収縮による体の異常。それを予防する為のお風呂の入れ方があります。

高いところからシャワーでお湯を出してお風呂場を温めると急激な温度差がなくなります。

TV番組「世界ふしぎ発見」の”裏不思議発見”を竹内海南江さんが公開!

長寿番組である「世界ふしぎ発見」で30年以上もミスターハンターとして活躍されている竹内海南江さんが林修の初耳学に出演。

その際に、「世界ふしぎ発見」の裏話を話されていたんですが、過酷な状況でやっとその場所に辿り着いても、世界ふしぎ発見のテーマや話の内容が合わないと撮影しなっかたり、撮影してもカットされて本番では使用されないことが良くあるんだそうです。

また、「牡蠣でした。」と言うたった一言の正解を言うだけの為に片道5時間もかけたりすると言う話をされていました。そこで、林修の初耳学に出演されたとき、竹内さんが体験した裏不思議発見を紹介!

■世界一不思議な海!
オーストラリアの南部タスマニア島にあるバサースト湾。水深5mの浅瀬の海には深海生物がたくさんいたんだそうです。

その理由ですが、バサースト湾は赤く濁っている海なんだそうです。実は赤い水は光を通さないそうです。(赤色は青い光も吸収する為、光が届かないので暗くなる。)その為、浅瀬でも昼間潜ってみると深海と同じくらいの暗さなんだそうです。

普通は水深500mに生息するアオリイカやテヅルモヅルなどの深海生物や新種の生物が生息しているんだそうです。

なぜバサースト湾は赤いのか?
バサースト湾の上流には、紅茶はワインに多く含まれるポリフェノールの一種タンニンを含んでいる植物が多く、このタンニンが川を経てバサースト湾に流れているそうです。そのためにバサースト湾の上層部が赤くなっているそうです。

■世界一不思議な壁画
アルジェリア南東部の世界最大の砂漠サハラのタッシリ・ナジェール山脈には世界一大規模な壁画があるそうです。

竹内さんの話では、その壁画にたどり着くまでが本当に大変だったそうです。そこに行くには車ではいけないので、ロバに機材や食糧・水などの荷物を積み、道なき道を5泊6日野宿してやっと辿り着ける場所。

そこには、5~6000年前に描かれた牛やキリンなどの草食動物が描かれえた壁画が残されており牧畜をして生活していた証なんだそうです。その壁画からかつては緑豊かな大地だったことがわかるそうです。

また、4000年前の壁画もあり、そこには馬が描かれているそうです。その時代には馬が走れるほど樹木が少なくなり大地が乾燥しはじめたことがわかるそうです。

さらに2000年前の壁画にはラクダの壁画が描かれていて砂漠化が進んだ事がわかる。その後、壁画は描かれていないので、砂漠化が進み人がいなくなったことがわかるそうです。

このように壁画は文字の無い時代の生活の記録を残すコミュニケーションの一つだったんだそうです。

ピコ太郎とジャスティンビーバーがついに初対面

あの男が、ついに世界的スーパースターとの初対面を果たしました。

「PPAP」でお馴染みのピコ太郎が、なんとあのジャスティンビーバーと

ソフトバンクのCMで共演したと話題になっていますね。

ピコ太郎の今の大ブレイクがあるのは、

ジャスティンビーバーおかげなのは言うまでもありません。

ジャスティンビーバーは、カナダ出身の世界的に大活躍している人気歌手。

そんな彼が、ピコ太郎の「PPAP」の動画をお気に入りと言って

紹介したことで、一気に「PPAP」が世界中に拡散。

今では、関連動画視聴回数が10億回以上にもなる勢いです。

たぶん、ピコ太郎本人が一番驚いているんじゃないでしょうか。

ただ、古坂大魔王・・・じゃなくてピコ太郎って、

結構音楽のセンスはあるんですよね。

個人的には、お笑いのセンスの方がもっとあると思っているんですが、

なぜか、長い間テレビでブレイクすることがありませんでしたね。

でも、ジャスティンビーバーによってピコ太郎がブレイクしたことで、

必然的に古坂大魔王のお笑いも浸透するかもしれません。

それにしても、人生って何が起こるかわからないもんですね。

だって、動画をアップした半年後にまさかジャスティンビーバーと

CMで共演するなんて、これっぽっちも思っていなかったでしょう。

CM撮影後のインタビューでは、「あなたのおかげです。本当にありがとう」

とジャスティンビーバーにとても感謝していたのが本音だと思います。

そして、「僕が会いたいかったのは、ジャスティンビーバーと家康」

と独特のお笑いセンスも炸裂していましたね。

今後は、武道館ライブの他、「サマーソニック2017」への出演も

決定したようなので、まだまだピコ太郎の勢いは止まらないでしょう。

何か「PPAP」で世界中を回ってみたいとも言っていますしね。

今回のソフトバンクのCMでは、ピコ太郎とジャスティンビーバーが、

一緒に「PPAP」を披露しているようなので、早く見てみたいですね。