大杉漣がゴチ史上初となる2戦連続ピタリ賞の快挙

もう数えて19年目を向かえることになった「ぐるナイ」のゴチバトル。

今年から新しくレギュラーに加わった俳優の大杉漣が、

ゴチ史上初となる2戦連続ピタリ賞を獲得する快挙を成し遂げました。

「ぐるナイ」の「ゴチなります」という大人気コーナーは、

食べた分の合計がその日の設定金額に最も近い人が優勝する企画。

逆に、最も設定金額から遠い人は最下位となり、

その日の出演者全員分の食事代を自腹で支払わなければなりません。

そして、大杉漣が2週連続で出したピタリ賞とは、

オーダーした食事代の合計金額が設定金額と同じ金額になれば、

100万円をゲットした上に、それまでの自腹を精算できるんです。

実は、大杉漣は1週前にもピタリ賞を出したばかりで、

それだけでも、スゴイことだったんですが、

まさか2戦連続でピタリ賞を出すとは思ってもいませんでした。

だって、過去19年間ほとんどピタリ賞は出たことがありませんからね。

余程そのお店に通って全てのメニューの値段を知らない限り、

狙ってはピタリ賞を出すことはできないでしょう。

合計金額が500円以内に収まるニアピン賞でさえ

そんなに簡単に獲得できることではありません。

今回の大杉漣のゴチ史上初となる2戦連続ピタリ賞は、

本当に奇跡と言っても良いぐらいのスゴさだと思います。

本人もドッキリじゃないかと驚いていましたからね。

ちなみに、最下位は偶然こちらも2週連続TOKIOの国分太一で、

25万3,600円という高額支払いになっちゃいました。

これで、次回のゴチバトルがどうなるか気になってきましたね。

おそらく、さすがに次はないとは思いますが、

ゴチファンの誰もが、大杉漣の3週連続ピタリ賞を期待しているでしょう。

もし、3週連続でピタリ賞を出せば、もう神としか言いようがないですね。

次回の「ゴチになります」では大杉漣に注目しましょう。

眞子さまと小室圭さんが婚約内定会見

ようやく眞子さまと小室圭さんの婚約内定会見が行われましたね。

本当ならもう少し早い時期に行われるはずだったんですが、

九州北部豪雨があったことで婚約内定の発表を遅らせたようです。

今回の眞子さまと小室圭さんが婚約内定の会見をする前に、

天皇皇后両陛下にご報告をしたみたいですが、

心のこもったお言葉を頂いたと眞子さまがおっしゃっていました。

たぶん、天皇皇后両陛下に初対面した時、

小室圭さんは、ものすごく緊張したでしょうね。

一般の家庭でもお互いの両親に紹介する時はかなり緊張しますからね。

今までの人生の中で一番緊張したんじゃないでしょうか。

私だったら、天皇皇后両陛下と対面したら、

ガチガチに緊張しすぎて頭が真っ白になってしまうと思います。

お二人の出会いのきっかけが、2012年の交換留学生の説明会の時で、

眞子さまが、小室圭さんの後ろの席に座ったことで親しくなったとか。

気になるプロポーズは、2013年12月に都内で食事をした後の帰り道で、

歩きながら「将来結婚しましょう」とプロポーズしたそうです。

これって、眞子さまのお父さんの秋篠宮さまが紀子さまに

横断歩道で待っている際にプロポースしたのと似ていますね。

お二人ともお付き合いする相手が結婚する人と決めていたので、

付き合った当初から結婚を意識していたとおっしゃっています。

そう言えば、眞子さまと小室圭さんの婚約内定会見でお話された、

お互いの存在を太陽と月に例えた話が話題になっていますね。

眞子さまは、小室圭さんのことを自分を温かく励ましてくれる存在で、

太陽のような笑顔や真面目で努力家なところに引かれたとか。

一方、小室さんにとって眞子さまは月のように静かに見守ってくる存在で、

強い信念を持ち、愛情に満ちているところに引かれたそうです。

それにしても、お二人はとても仲がいいんですね。

だって、会見中にお互い何度も見つめ合っていましたからね。

何だか見ているこちらが恥ずかしくなっちゃいました。

それだけお互いとても愛し合っているということでしょう。

こんなに爽やかでお似合いのカップルは久しぶりに見たような気がしました。

お二人がどんな家庭を築かれるか気になりますが、

きっと笑顔の絶えない温かい家庭になるんじゃないでしょうか。