新井貴浩の代打逆転3ランで広島カープがヤクルトに大逆転勝利!

これが、首位を独走する広島カープの勢いなんでしょうか。

7月7日に行われたヤクルトスワローズ対広島東洋カープの12回戦で、

新井貴浩が、9回2アウトから代打で登場して逆転3ランを放ち、

広島カープを奇跡の大逆転勝利に導きました!

この日のカープ打線は、ヒットは打つものの得点になかなか繋がらず、

8回までヤクルトに8-3と5点差をつけられていました。

よく「野球は9回2アウトから」と言われたりしますが、

この日の新井貴浩がもたらした広島カープの大逆転勝利は、

まさにその格言通りになったような試合でしたね。

9回表の広島の攻撃は、サビエル・バティスタと菊池涼介のソロホームラン、

松山竜平のタイムリー2ベースヒットで3点差に詰め寄ると、

2アウトランナー1・2塁の場面で、代打・新井貴浩が登場。

2ボール1ストライクからのヤクルト小川泰弘が投じた4球目。

小川泰弘渾身のストレートを狙いすましたかのように強振すると、

打球はまっすぐセンター方向に飛んでいき、

そのままバックスクリーンに直撃する起死回生の逆転3ラン。

広島ファンとしては、もう半分諦めかけていた試合を

ベテランの新井貴浩がひっくり返してくれて大興奮でしょうね。

また、新井貴浩自身もすごく嬉しかったんじゃないかと思います。

去年は、2000本安打や300号本塁打を達成するなど、

リーグ優勝に大きく貢献する活躍を見せてくれました。

しかし、今年は、出番が激減して代打で起用されがちですが、

腐ることなくチームのために頑張っています。

新井貴浩の年齢は40歳を超えましたが、体はまだまだ若々しいので、

あと5年くらいは十分に現役で活躍できるかもしれません。

若手の成長もあって試合に出るチャンスは少ないですが、

カープのセ・リーグ2連覇と日本一を実現させるためには、

新井貴浩の力は絶対に必要になってくるでしょう。

何だか新井貴浩の代打逆転3ランで大逆転勝利を収めたことで、

ますます広島カープが勢いに乗って独走しそうな感じがしますね。