レイア姫役のキャリー・フィッシャーさんが亡くなる

また世界的に有名な一人の女優さんがこの世を去りました。

あの大人気SF映画「スター・ウォーズ」でヒロイン・レイア姫役を務めた

キャリー・フィッシャーさんが亡くなったそうです。

そう言えば、亡くなる4日ぐらい前に飛行機内で心臓発作になり、

病院へ搬送されたというニュースが流れていましたね。

翌日のニュースでは、一時は容体が安定して落ち着いていたらしいですが、

回復することなく亡くなってしまったんですね。

キャリー・フィッシャーさんは、1977年公開の「スター・ウォーズ」で

ヒロインのレイア姫役に抜擢されて一躍有名になった女優さんです。

続編の「帝国の逆襲」や「ジェダイの復讐」にもレイア姫役で出演し、

「スター・ウォーズ」シリーズ以外にも、「ブルース・ブラザーズ」や

「恋人たちの予感」などの映画に出演されていました。

ビックリしたのが、今年発売された自伝で「スター・ウォーズ」で

共演したハリソン・フォードさんとの不倫関係を暴露していたこと。

だって、当時ハリソン・フォードさんは34歳で奥さんも子供もいたし、

キャリー・フィッシャーさんは19歳でしたからね。

この禁断愛には、本当に驚かされました。

さて、最近のキャリー・フィッシャーさんはと言うと、

実は、また「スター・ウォーズ」シリーズに復帰されています。

もちろん、彼女の出世役であるレイア姫役での復帰です。

「スター・ウォーズ」シリーズは、去年「フォースの覚醒」という

続編が公開されたのは記憶に新しいと思います。

その「フォースの覚醒」に久しぶり出演されているようです。

「スター・ウォーズ」シリーズ出演は、実に32年ぶりだとか。

これで、彼女の女優としての姿は見納めか・・・

と思っていたら、ファンには嬉しいニュースが!

なんと、来年公開予定のエピソード8にも出演予定で、

すでに撮影済みというではないですか!

これは、「スター・ウォーズ」ファンとしては、

とても嬉しいニュースではないでしょうか。

来年公開される「スター・ウォーズ」エピソード8が、

今から待ち遠しいですね。

年賀状で特に多間違い!

年賀状を書く時期になりましたが、毎年多くの人が当たり前のように使っている言葉の中で、実は間違って使っている言葉があるそうです。
特に間違いやすい言葉をテレビ番組の林修の初耳学で林先生が解説。その内容をまとめて紹介します。

最初はこちらの文章の中に間違いがありますが皆さんわかりますか?
「新年明けましておめでとうございます。」

答え:この中の ”新年” の言葉は不要なんだそうです。

解説:「年が明ける」は、その年が終わると言う意味。”新年明けまして”は、新年が終わると言う意味になる。
つまり、新しい年を迎えたのに、直ぐに終わってしまった。と言う意味になるので新年は不要。新年を迎えているので、正しくは「明けましておめでとうございます。」が正しい文章になります。

同様に英語で「A Happy New Year」の場合も”A”は不要。正しくは「Happy New Year」が正しい書き方になります。

次に、恩師に宛てた年賀状の場合
「賀正、先生 本年も昨年同様ご指導ご鞭撻のほどと末永いお付き合いをお願い申し上げます。」

答え:「賀正」は、友人や目下の人に出す場合は良いが、目上の人に年賀状を出す場合は失礼になるそうです。
このような新年の決まり文句を賀詞と言い、その中には上司や取引先、目上の人に使う謙譲語が含まれたものがあるそうです。それは、「謹賀新年」「謹賀新春」「恭賀新年」「恭賀新春」「敬頌新禧」などになります。

1文字の賀詞「寿」「福」「賀」「春」「禧」や、2文字の賀詞「賀正」「賀春」「頌春」「迎春」「慶春」「寿春」「初春」「新春」が、部下、同僚、目下、友人には使ってもOKですが、目上の方には使わない方がいいそうです。

さらに、年賀状には句読点はつけないそうです。これは、喜ばしい出来事には区切りをつないと言う意味が込められているんだそうです。

中村憲剛が歴代最年長36歳でMVP

日本のサッカーって最近ベテラン勢の活躍が凄いですよね。

横浜アリーナで行われたJリーグ年間表彰式2016Jリーグアウォーズで、

川崎フロンターレの中村憲剛が最優秀選手賞MVPに輝きました!

中村憲剛は、もう36歳になったんですね。

36歳でのMVP獲得は、3年前に35歳でMVPに輝いた横浜Fマリノスの

中村俊輔を抜いて歴代最年長での獲得なんだって!

ついでにベストイレブンにも選出されてW受賞ですね。

今季はMFながら31試合に出場して9得点するなど、

司令塔としてだけでなく、自ら得点する活躍も目立ちました。

今季の川崎が、J1年間3位という好成績だったのは、

中村憲剛が、主将としてチームを鼓舞してくれたおかげです。

今日のJリーグアウォーズの表彰式での受賞スピーチでは、

彼の人柄の良さが現れていましたね。

チームメイトやチームスタッフだけでなく、

お掃除のおばさんやグラウンド管理のおじさんまで、

川崎に関わる全ての人への感謝の気持ちを伝えていたんです。

サッカー選手としても最高の技術を持った選手だけど、

それだけでなく、人間性も本当に素晴らしい!

MVP候補は他にも何人かいたのかもしれないけど、

今回は、中村憲剛が一番MVPにふさわしかったと思います。

ベストイレブンには、他にも35歳の阿部勇樹が選出されるなど、

昔と比べて、サッカー選手の選手寿命も長くなってきていますね。

最近では、三浦知良(横浜FC)、中山雅史(アスルクラロ沼津)の

49歳コンビも現役にこだわって活躍しています。

2人共過去にMVPを獲得したことがある名選手で、

Jリーグや日本代表で一時代を築いた日本サッカーのスターです。

そんなカズやゴン中山に比べれば、中村憲剛は一回り以上年下。

心身ともに若いので、まだまだ現役でやれるはず。

中村憲剛には、2人の大ベテランに負けないように、

できるところまで現役で頑張ってほしいですね。

年末に知っておきたて二日酔いを予防する方法!

クリスマスに忘年会・新年会など、年末年始の12月・1月は、特にお酒を飲む機会が増えますよね。

お酒を飲んでいる時は楽しいので絶好調ですが、翌日二日酔いをして辛い思いをしている人も多いのではないでしょうか。

わたしも、昨日は朝の4時まで飲んでしまい二日酔いの中ブログを更新しています。

ですが、沢山のお酒を飲んでも二日酔いが無い日もありますよね。

その、二日酔い関して中居正広のミになる図書館で放送していたので、その内容を紹介します。

番組では内科医の先生を迎えて二日酔いの対策方法やア血中のアルコール濃度の計算法を紹介。

先生の話によると、二日酔い対策には水分補給が効果的なんだそうです。

二日酔いの原因は、アルコールの利尿作用や分解する際に水分が使われてしまい水分量が減ってしまい脱水状態になって起きるそうです。

それを防ぐには、飲酒後に水分を多く摂取することが効果的なんだそうです。

また、ビールを飲むと酔うのが早いと感じたことはありませんか?

先生の話によると、炭酸はアルコールの吸収を早める働きがあるそうです。

イギリスあるマンチェスター大学の研究によると、ウォッカをストレートとソーダー割で飲み比べたところ、ソーダー割は半分の時間で体内に吸収されたという研究データーがあるそうです。

私も、ビールを飲むと酔うのが早いので酔いたい時は、最初にビールを飲みますが、本当に直ぐに酔うんですよね。

さらに、先生の話では、お酒の飲んだ量と体重が分かれば、酔っ払い度が分かる計算式があるそうです。

それは、(飲酒量(ml)×アルコール度数(%))÷(833×体重(Kg))=血中アルコール濃度(%)

0.02~爽快期・・・皮膚が赤くなる
0,05~ほろ酔い期・・・ほろ酔い気分になる
0,11~酩酊初期・・・気が大きくなる
0,16~酩酊・・・何度も同じことをしゃべる
0,31~泥酔期・・・意識がはっきりしない
0,41~昏睡期・・・まともに立てない

しかし、その日の体調や、アルコール体質は個人差があるので参考程度にしてくださいね。
ounennkai

ノンスタイルの井上裕介さんが当て逃げで活動自粛らしい

う~ん なんで十分に確認もせずそのまま去ってしまったんでしょうか。

お笑いコンビ・ノンスタイルの井上裕介さんは車を運転中に、

路上でタクシーと接触してそのまま当て逃げしてしまったようです。

この事故でタクシーの運転手は全治2週間の怪我を負ったとか。

接触事故があった現場は、世田谷区若林の交差点で、

井上さんが運転している車の後ろの左側部分と

タクシーの前の右側部分が接触してしまったみたいですね。

最初にこのニュースを知った時は、井上さんの方が後方から追突されて

当て逃げの被害にあったのかと思っていました。

でも、よくよくニュースで事故の様子を聞いていると、

井上さんの方が当て逃げをした加害者だったんですね。

どうやら、井上さんは、前方を走るタクシーを追い抜こうとして、

タクシーと接触しちゃったみたいです。

井上さんは、次の信号で止まった時に後ろから何も言ってこなかったので、

大丈夫だと判断してそのまま去ってしまったと言っています。

何かがぶつかったというのはわかっていたようなので、

とにかく、何がぶつかったか車を止めて確認すべきでしたね。

そのまま確認もせずに行ってしまうのはよくなかったと思います。

通常、当て逃げは、刑罰上では軽い罪なんですが、

おそらく、少し重い罪になってしまうんでしょうね。

もし、逃げずに車を止めてタクシーの運転手の救護など、

必要な措置を取ってきちんと対応していれば軽い罪で済んだのに。

気が動転しちゃって、冷静な判断ができなかったのかもしれませんね。

当面、活動を自粛することで出演予定だった番組も

内容を差し替えたりするなど各局対応に追われているようです。

ノンスタイルの相方の石田さんもかなりショックを受けていると思います。

だって、大好きな漫才の仕事が当分の間できないんですからね。

しばらくは、活動自粛でテレビでは見かけなくなりますが、

しっかり反省して、また漫才を頑張ってもらいたいですね。

長谷川穂積選手が世界王者のまま現役引退

不死鳥のごとくチャンピオンに返り咲いたWBC世界スーパーバンタム級

王者の長谷川穂積選手が現役を引退する決意をしたようです。

すごく応援していたボクサーだけに、本当に残念でなりません。

世界王者のまま現役引退するのは、あまり見かけないケースですよね。

引退する時って、大体が試合に負けた時だから、本当に珍しいと思います。

まあ本人は次戦にWBO世界スーパーバンタム級王者の

ノニト・ドネア選手との対戦を望んでいたらしいけど。

残念ながら、ドネア選手は、11月6日の試合で負けて王座から陥落。

ドネア選手が勝っていれば、試合が実現していたかもしれないけど、

負けてしまったことで試合も白紙になってしまったとか。

この結果を知ってモチベーションが保てなくなったようですね。

長谷川選手にとって5階級制覇を成し得たドネア選手以上の相手は、

他にはいなかったということなんでしょう。

長谷川選手は、足を使ってスピード感のあるボクシングが魅力で、

パンチの連打も速くて切れがあり、見ていてワクワクしました。

2005年に、王座を14度防衛して当時最強と言われたウィラポンを

倒してWBCバンタム級王者をなった試合は今でも忘れません。

本当に強くてカッコよかったです。

もう1戦でもいいので長谷川選手の試合を見たかった気もしますが、

このままキレイな形でボクシング人生を終えるのもいいと思います。

今後は、実業家になるような噂があるようだけど、

彼のチャレンジ精神があれば、どんな舞台でも上手くやっていけるはず。

今までの経験を活かして、ボクシングジムを作るのも良いでしょう。

それに、実業家としてだけでなく、タレントやボクシングの試合の

解説者としてのお仕事のオファーもあると思います。

これからどのような新たなチャレンジをするのか今から楽しみです。

本当に長い間お疲れ様でした。

最後の試合であなたが見せてくれた諦めない姿勢決して忘れません。