高級食材のキャビアがお手頃価格で食べれるようになるかも!?

朝の情報番組『羽鳥 慎一モーニングショー』で、茨城県つくば市で行われているチョウザメの養殖に取材に行きました。

養殖を行っているのは株式会社フジキン、人工ふ化から育てたチョウザメに卵を産ませて、その卵を再びふ化させる完全養殖を行っています。

株式会社フジキンの代表である、社長の平岡潔さんに、チョウザメの養殖で一番大変なのは何か?と尋ねると、水質管理だと平岡さん。

きれいな水で育てないと味が落ちてしまうのだそうです。その為、、水質をキレイに保つために水質管理システムを使って、使っている水をろ過してきれいにして、また水槽に戻す。循環して水を使っているそうです。

また、自然な環境と同じように育てるために、水をかく拌したり、流速を整えるなどに日々の努力が大変なんだそうです。

それでも、社長の平岡潔さんは、キャビアを身近で食べれる食材にして地元の活性化につなげたい。と研究を重ねてこられました。

元々、平岡さんは水の量などを調節するバルブの会社に勤めていたそうです。

その技術を応用した水槽には4000匹のチョウザメを淡水で育てています。

オスは3年で食肉用に育ち、メスは7~8年で産卵し、世界三大珍味のキャビアとして出荷されるようになるのだそうです。

その為、出荷しやすいようにオスとメスがわけられた水槽で育てられています。

ところが、実は、チョウザメは外見をみただけでは性別はわからないそうです。

どうやってオスとメスを見分けるのかと言うと、お腹を切開して見分けるそうです。

オスは精巣が白っぽく、メスは卵巣が黄色っぽい。この微妙な違いで見分けるそうです。

そして、体内にマイクロチップを埋め込み、年齢などの個体管理を行うそうです。

事業を開始した当初は、ふ化した赤ちゃんの2か月後の生存率はたったの5%だったそうで、水が汚れていると育たないので、水質を保つために余分なエサを与えないようにエサの量を調節したり試行錯誤が続き、改善を繰り返し、今では約70%の生存率になったそうです。

さらに、現在は、その水質管理システムを使ってイチゴやレタスなども育てているそうです。

将来は、正月などのおせちにのメニューになるようになれたらいい。と話していました。

ちなみに、オスのチョウザメは白身を刺身で食べると歯ごたえがあってフグに似た味でとても美味しいそうです。

ビットコインで儲けている奴は嫌いだ!

最近のことですがビットコインの暴騰や暴落の話題が多くて困っています。

飲み会に行っても、若い奴から高齢者までビットコインに夢中です。

昨年の話は、儲かった話ばかり!

買ったコインが翌日には倍になって

さらに翌日には倍々になって

寝ているだけで増えてゆくと自慢話!

そんな話を聞いたら、俺も俺もとビットコインを買い始めたのよ。

そこで乗り遅れた僕は、買わなかったんだよな。

まあ、お金が無かったこともあるんだけど

同じように昨年末に買えなかった人が、年明けにド~ンと買ったワケ!

すると・・大暴落が始まった。

200万で買ったら、120万になった!

160万で買ったら、翌日に130万に下がった!

これはもう悪夢です。

ああ~買わなくてよかった!

僕はアフィリエイトで稼ごう。

中村憲剛が歴代最年長36歳でMVP

日本のサッカーって最近ベテラン勢の活躍が凄いですよね。

横浜アリーナで行われたJリーグ年間表彰式2016Jリーグアウォーズで、

川崎フロンターレの中村憲剛が最優秀選手賞MVPに輝きました!

中村憲剛は、もう36歳になったんですね。

36歳でのMVP獲得は、3年前に35歳でMVPに輝いた横浜Fマリノスの

中村俊輔を抜いて歴代最年長での獲得なんだって!

ついでにベストイレブンにも選出されてW受賞ですね。

今季はMFながら31試合に出場して9得点するなど、

司令塔としてだけでなく、自ら得点する活躍も目立ちました。

今季の川崎が、J1年間3位という好成績だったのは、

中村憲剛が、主将としてチームを鼓舞してくれたおかげです。

今日のJリーグアウォーズの表彰式での受賞スピーチでは、

彼の人柄の良さが現れていましたね。

チームメイトやチームスタッフだけでなく、

お掃除のおばさんやグラウンド管理のおじさんまで、

川崎に関わる全ての人への感謝の気持ちを伝えていたんです。

サッカー選手としても最高の技術を持った選手だけど、

それだけでなく、人間性も本当に素晴らしい!

MVP候補は他にも何人かいたのかもしれないけど、

今回は、中村憲剛が一番MVPにふさわしかったと思います。

ベストイレブンには、他にも35歳の阿部勇樹が選出されるなど、

昔と比べて、サッカー選手の選手寿命も長くなってきていますね。

最近では、三浦知良(横浜FC)、中山雅史(アスルクラロ沼津)の

49歳コンビも現役にこだわって活躍しています。

2人共過去にMVPを獲得したことがある名選手で、

Jリーグや日本代表で一時代を築いた日本サッカーのスターです。

そんなカズやゴン中山に比べれば、中村憲剛は一回り以上年下。

心身ともに若いので、まだまだ現役でやれるはず。

中村憲剛には、2人の大ベテランに負けないように、

できるところまで現役で頑張ってほしいですね。

年末に知っておきたて二日酔いを予防する方法!

クリスマスに忘年会・新年会など、年末年始の12月・1月は、特にお酒を飲む機会が増えますよね。

お酒を飲んでいる時は楽しいので絶好調ですが、翌日二日酔いをして辛い思いをしている人も多いのではないでしょうか。

わたしも、昨日は朝の4時まで飲んでしまい二日酔いの中ブログを更新しています。

ですが、沢山のお酒を飲んでも二日酔いが無い日もありますよね。

その、二日酔い関して中居正広のミになる図書館で放送していたので、その内容を紹介します。

番組では内科医の先生を迎えて二日酔いの対策方法やア血中のアルコール濃度の計算法を紹介。

先生の話によると、二日酔い対策には水分補給が効果的なんだそうです。

二日酔いの原因は、アルコールの利尿作用や分解する際に水分が使われてしまい水分量が減ってしまい脱水状態になって起きるそうです。

それを防ぐには、飲酒後に水分を多く摂取することが効果的なんだそうです。

また、ビールを飲むと酔うのが早いと感じたことはありませんか?

先生の話によると、炭酸はアルコールの吸収を早める働きがあるそうです。

イギリスあるマンチェスター大学の研究によると、ウォッカをストレートとソーダー割で飲み比べたところ、ソーダー割は半分の時間で体内に吸収されたという研究データーがあるそうです。

私も、ビールを飲むと酔うのが早いので酔いたい時は、最初にビールを飲みますが、本当に直ぐに酔うんですよね。

さらに、先生の話では、お酒の飲んだ量と体重が分かれば、酔っ払い度が分かる計算式があるそうです。

それは、(飲酒量(ml)×アルコール度数(%))÷(833×体重(Kg))=血中アルコール濃度(%)

0.02~爽快期・・・皮膚が赤くなる
0,05~ほろ酔い期・・・ほろ酔い気分になる
0,11~酩酊初期・・・気が大きくなる
0,16~酩酊・・・何度も同じことをしゃべる
0,31~泥酔期・・・意識がはっきりしない
0,41~昏睡期・・・まともに立てない

しかし、その日の体調や、アルコール体質は個人差があるので参考程度にしてくださいね。
ounennkai

ファッションなんて気にしない!

いまだにファッションに興味を持てる人の気持ちがわからない。

僕はこれまで一度もファッションに興味を持ったことがない。

服を買う時は、いつも地元にあるユニクロで済ましている。

昔はユニクロと言うと、安物の服というイメージしかなかったけど、

最近のユニクロの商品は、安いだけでなく品質も良くなっている。

2万円もあれば十分に上下全てを揃えることができるんだぞ!

僕のようにファッションに全く興味のない人にとって、

こんなにありがたいことはないと思う。

毎回あまり気にすることなく適当に選んで買っているが、

特に今まで友人にダサいと言われたこともない。

まあ、ダサいと言われたところで全く気にしないけど・・・

とにかく、僕はファッションなんてそれほど重要ではないんだ。

なぜ、あんなにも高いお金を支払って服を手に入れたいんだ。

服だけではない、靴、時計、アクセサリーなど、

何十万、何百万、物によっては何千万とかする物もある。

全身ブランド品でガッチリと固めて億を超えるような人もいる。

そんな高額なブランド品をたくさん身につけていたら、

いつ強盗や誘拐犯に狙われてもおかしくない。

まるで歩く身代金だなぁ・・・

そもそも毎年のファッションの流行というのは、

一体いつ、誰が、何を基準に決めているんだろう。

有名なファッション雑誌で来年はコレが流行ると煽るから、

その情報に踊らされて買う人が増えているだけじゃないの?

もし、コレが流行ると誰も言わなければ、どうなるんだろう。

みんなバラバラのファッションになるんだろうか。

流行のファッションを身につけるということは、

ただ人のマネをしているだけじゃないのか。

なぜ、みんな流行のファッションのマネをしたがるんだ!

自分は自分で好きなファッションを選べばいいじゃないか!

僕はこれからもファッションなんて気にしないぞ!