市村正親がババ嵐で痛恨のミスを犯し最弱王になる

「VS嵐」のスペシャル番組の時に毎回行われている企画に、

ババ嵐というババ抜き最弱王決定戦があります。

まず、結論から言うと、俳優で女優の篠原涼子の旦那さんである

市村正親さんが、第14回ババ嵐の最弱王になっちゃいました。

「VS嵐」の中でも人気が高い企画であるババ嵐ですが、

最初は、ただババ抜きをやって面白いんだろうかと思っていたけど、

いざやってみるといろんな駆け引きが見れてすごく面白いんです。

毎回、いろんな芸能人のゲストを迎えて行われるババ嵐ですが、

負けて最弱王になると不名誉な白いジャケットの着用が義務付けられます。

今回、最弱王になった市村正親さんも最後に着用していました。

背中に大きく最弱と書かれた白いジャケットは屈辱でしかありませんね。

でも、なんか市村正親さんは、ちょっと似合っていたというか、

カッコよくも見えたのは気のせいでしょうか。

そして、最弱王になるとその白いジャケットを着用して、

次回のババ嵐にも強制的にでなければなりません。

たぶん、街で見つかったら「最弱王だ~!」とか言われるんでしょうね。

市村正親さんも舞台のお仕事で俳優仲間にいじられそうですね。

ババ嵐と言えば、毎回ファンが注目している名物とも言うべき

リーダーの大野くんや相葉くんのバレバレの行動が面白すぎです。

ババを引いてしまったときの大野くんは小鼻がピクピク動くし、

相葉くんは、相手がババを引かなかった時に、

思いっきり強くカードを掴んで相手にカードを引かせないんです。

だから、ババを持っているのが相手にバレちゃうんです。

そんな毎回面白い駆け引きが見られるババ嵐も、

2017年7月13日の放送で14回目を迎えました。

今回は、嵐のメンバーに加えて、市村正親さん、上戸彩さん、

岡田将生さん、小栗旬さん、堂本光一さん、戸田恵梨香さん、

森高千里さん、山崎弘也さんゲスト8人が参戦。

今回も勝負の行方を左右したのが、

2016年から採用された「シャッフルタイム」というルールです。

これは、足元に設置されたボタンを押すことによって、

サイコロの出目で選ばれた2名の手持ちの全カードを交換します。

自分にババが回ってきた時に押すことで、

上手く行けば他の人と手持ちの全カードを交換できて、

他の人の手にババが渡ってしまうという恐ろしいルールなんです。

しかし、この日の市村正親さんはついてなかったですね。

ババが回って来てすかさずボタンを押したんだけど、

自分ではなく他の2名が交換するという

全く意味のない「シャッフルタイム」になっちゃったんです。

この痛恨のミスで市村正親さんは負けてしまい、

第14回ババ嵐最弱王の座につきました。

次回のババ嵐はいつ放送されるかまだわかりませんが、

市村正親さんは、最弱王から抜け出すことができるのでしょうか。

それとも、再び最弱王になってしまうのでしょうか。

次回のババ嵐の放送が待ち遠しくてなりません。

新井貴浩の代打逆転3ランで広島カープがヤクルトに大逆転勝利!

これが、首位を独走する広島カープの勢いなんでしょうか。

7月7日に行われたヤクルトスワローズ対広島東洋カープの12回戦で、

新井貴浩が、9回2アウトから代打で登場して逆転3ランを放ち、

広島カープを奇跡の大逆転勝利に導きました!

この日のカープ打線は、ヒットは打つものの得点になかなか繋がらず、

8回までヤクルトに8-3と5点差をつけられていました。

よく「野球は9回2アウトから」と言われたりしますが、

この日の新井貴浩がもたらした広島カープの大逆転勝利は、

まさにその格言通りになったような試合でしたね。

9回表の広島の攻撃は、サビエル・バティスタと菊池涼介のソロホームラン、

松山竜平のタイムリー2ベースヒットで3点差に詰め寄ると、

2アウトランナー1・2塁の場面で、代打・新井貴浩が登場。

2ボール1ストライクからのヤクルト小川泰弘が投じた4球目。

小川泰弘渾身のストレートを狙いすましたかのように強振すると、

打球はまっすぐセンター方向に飛んでいき、

そのままバックスクリーンに直撃する起死回生の逆転3ラン。

広島ファンとしては、もう半分諦めかけていた試合を

ベテランの新井貴浩がひっくり返してくれて大興奮でしょうね。

また、新井貴浩自身もすごく嬉しかったんじゃないかと思います。

去年は、2000本安打や300号本塁打を達成するなど、

リーグ優勝に大きく貢献する活躍を見せてくれました。

しかし、今年は、出番が激減して代打で起用されがちですが、

腐ることなくチームのために頑張っています。

新井貴浩の年齢は40歳を超えましたが、体はまだまだ若々しいので、

あと5年くらいは十分に現役で活躍できるかもしれません。

若手の成長もあって試合に出るチャンスは少ないですが、

カープのセ・リーグ2連覇と日本一を実現させるためには、

新井貴浩の力は絶対に必要になってくるでしょう。

何だか新井貴浩の代打逆転3ランで大逆転勝利を収めたことで、

ますます広島カープが勢いに乗って独走しそうな感じがしますね。

サトノクラウンがキタサンブラックを倒して宝塚記念を初制覇

海外のGⅠレースを勝った勢いは、やっぱり本物でしたね。

競馬の前半戦を締めくくる春のグランプリ宝塚記念は、

ミルコ・デムーロ騎手騎乗の3番人気サトノクラウンが、

武豊騎手騎乗の1番人気のキタサンブラックを倒して初制覇。

レースが始まる前までは、現役最強馬で大阪杯、天皇賞・春と

GⅠ連勝中のキタサンブラックが負けるとは思ってもいませんでした。

だって、本当なら今回の宝塚記念を快勝して、

今年の最大目標だったフランス凱旋門賞に挑戦するはずだったからです。

この日も単勝1番人気に支持され、近走の内容も強い勝ち方なので、

おそらく、競馬ファンの大半が勝つだろうと思っていたはずです。

ほとんど死角らしい死角が見当たりませんでしたからね。

ただ、あえて死角を探すとすれば、雨による馬場の悪化でした。

事前の予想では、馬場が悪くなると少し心配と言われていたので、

気にしてはいましたが、その心配が現実になってしまったんです。

一方、週末の雨予報を大歓迎していたのがサトノクラウン陣営です。

サトノクラウンは、馬場が悪化した道悪が大得意の馬で、

雨が降れば、一発あるかもと思っていました。

昨年末には、香港のGⅠレース・香港ヴァーズにおいて、

昨年の凱旋門賞2着馬を破って優勝したくらいの馬なので、

実力的には、十分に勝てるだけのものを持っていたからです。

そして、実際のレース本番では、その実力を遺憾なく発揮し、

着差以上の強い勝ち方で国内GⅠレース初制覇を果たしました。

それにしても、キタサンブラックはどうしちゃったんでしょうか。

9着に沈みましたが、ここまで大敗したのは2年ぶりぐらいです。

レース中にどこかケガをしたということではなかったみたいなので、

すばらく休んでまた秋に元気な姿を見せてもらいたいです。

でも、残念なのは、キタサンブラックが今年の秋に予定していた

フランス凱旋門賞への挑戦を断念したことです。

宝塚記念のレース後に開かれた記者会見で、

北島三郎オーナーが、秋は国内に専念させると発表されました。

まあ、凱旋門賞制覇の夢は、サトノダイヤモンドに託すとして、

キタサンブラックには、また秋に国内での活躍を期待しましょう。

2日間3食置き換え酵素ダイエットやってみた!

2週間後の健康診断があるので、短期間で体重を軽くしたい!

そんな即効性のあるダイエットを実践しようと思い、選んだのが2日間に渡って行うプチ断食。

しかし、それでは体に負担がかかってしまいますので、体に必要な栄養素を酵素ドリンクなどから摂るようにします。

とにかく固形物を一切摂りません。

体に必要な栄養素をしっかり摂りながらプチ断食を実践しました。

プチ断食前日には、消化に良い食べ物を腹八文目にして、

2日間の朝食、昼食、夕食の3食を酵素ドリンクに置き換えます。

そして、3日目は、回復職として体に優しいスープやおかゆを食べます。

注意点がいくつかあります。

1日1.5リットル以上の水を飲みましょう。

プチ断食中は激しい運動避けましょう。

断食後は胃腸に負担をかけないおかゆやスープなどの回復食を摂り少しずつ通常食に戻していきます。

断食をしている時には、体質や体調によって、眠気やだるさなどを感じる場合は中止しましょう。

市販の酵素ドリンクを使ったのは、ダイエットの源であるアミノ酸や

体調管理に欠かせないビタミン類やミネラルが濃縮され豊富に含まれているので

ダイエットの身体に負担をあまりかけることなくダイエットが実践できるかと思います。

ピコ太郎とジャスティンビーバーがついに初対面

あの男が、ついに世界的スーパースターとの初対面を果たしました。

「PPAP」でお馴染みのピコ太郎が、なんとあのジャスティンビーバーと

ソフトバンクのCMで共演したと話題になっていますね。

ピコ太郎の今の大ブレイクがあるのは、

ジャスティンビーバーおかげなのは言うまでもありません。

ジャスティンビーバーは、カナダ出身の世界的に大活躍している人気歌手。

そんな彼が、ピコ太郎の「PPAP」の動画をお気に入りと言って

紹介したことで、一気に「PPAP」が世界中に拡散。

今では、関連動画視聴回数が10億回以上にもなる勢いです。

たぶん、ピコ太郎本人が一番驚いているんじゃないでしょうか。

ただ、古坂大魔王・・・じゃなくてピコ太郎って、

結構音楽のセンスはあるんですよね。

個人的には、お笑いのセンスの方がもっとあると思っているんですが、

なぜか、長い間テレビでブレイクすることがありませんでしたね。

でも、ジャスティンビーバーによってピコ太郎がブレイクしたことで、

必然的に古坂大魔王のお笑いも浸透するかもしれません。

それにしても、人生って何が起こるかわからないもんですね。

だって、動画をアップした半年後にまさかジャスティンビーバーと

CMで共演するなんて、これっぽっちも思っていなかったでしょう。

CM撮影後のインタビューでは、「あなたのおかげです。本当にありがとう」

とジャスティンビーバーにとても感謝していたのが本音だと思います。

そして、「僕が会いたいかったのは、ジャスティンビーバーと家康」

と独特のお笑いセンスも炸裂していましたね。

今後は、武道館ライブの他、「サマーソニック2017」への出演も

決定したようなので、まだまだピコ太郎の勢いは止まらないでしょう。

何か「PPAP」で世界中を回ってみたいとも言っていますしね。

今回のソフトバンクのCMでは、ピコ太郎とジャスティンビーバーが、

一緒に「PPAP」を披露しているようなので、早く見てみたいですね。

節分だから豆まきをして恵方巻きを食べよう!

今日は、各地でいろんな節分のイベントが行われています。

子供の頃は、豆まきが楽しかったけど、大人になるに連れて、

やっぱり恵方巻きを食べる方が楽しみになってきましたね。

でも、なんで節分の日には、豆まきをしたり、

恵方巻きを食べたりするんでしょうか。

今まであまり意識することなく何となくやってきたことだけど、

今回ちょっと調べてみることにしました。

今年2017年の節分の日は、2月3日(金)となっていますが、

そもそも節分って何ぞやと思いませんか?

“節分”とはその名の通り季節の分かれ目のことです。

1年の季節の分かれ目には、立春・立夏・立秋・立冬の4つあり、

これらの分かれ目の前日のことを節分と言います。

昔は、1月1日(元旦)が立春とされていたようで、

新年を無事に迎えられるように厄払いの儀式をしていたそうです。

その元旦の厄払いの儀式の名残が今の節分なんだとか。

豆まきは、「鬼は外!福は内!」と言って鬼に豆をぶつけますが、

これは、邪気を追い払って1年の無病息災を願うため。

よくテレビで昼間に豆まきをするシーンを見かけますが、

実は、昼間に行うのは、間違いって知っていましたか?

鬼というものは、昼ではなく夜になると現れるらしいので、

豆まきは、夜に行うのが正しいんです。

だから、お父さんが仕事から帰ってきてから鬼役をやってもらって、

夜に家族みんなで豆まきをやるのがちょうど良いですね。

そう言えば、小さい頃はどこの家も夜豆まきをしていたように思います。

遠い記憶ですが、夜になると近所から

「鬼は~外。福は~内。」と聞こえてきました。

あと、年の数だけ豆を食べると良いと言われていますが、

毎年真面目にきちんとやっている人は本当にいるんでしょうか。

だって、おじいちゃんやおばあちゃんになったら、

80粒とか90粒とか食べることになるじゃないですか。

たぶん、私だったら年の数も食べるなんて無理ですね。

喉をつまらせる事件だって起きているくらいですから、

高齢者の方は絶対に止めた方が良いと思います。

食べたい分だけ食べれば良いんじゃないでしょうか。

あと、節分と言えば、恵方巻きですよね。

その年の恵方を向いて食べ終わるまで黙って食べ続ける風習は、

関西地方が発祥ということがわかっています。

2017年の方角は、確か北北西だそうです。

恵方巻きは、福を巻き込んで、その福を切らずにかぶりつくことが、

縁起の良いものだということで行われるようになったとか。

この恵方巻きも昼に食べるのではなく、夜に食べるものらしいです。

でも、黙って食べろと言われても途中で絶対に笑いそうになって、

結局、毎年最後まで一気に食べれないんですよね。

おそらく、誰もが経験がある恵方巻きあるあるじゃないでしょうか。

ダマされた大賞2016で変態おじさんが大暴れ!

やっぱりコレを見ないと年を越せませんね。

ウッチャンナンチャンの内村光良さんが司会を務める、

ダマされた大賞2016は今年も笑いどころ満載!

もう待ってました!といった感じです!

毎回多くの芸能人がドッキリに嵌められて

まんまと騙されてしまう番組なんだけど、

よくもまあいつも見事に騙されますよね。

個人的に大好きなのが“キング中岡”!

キングと呼ばれるだけあってロッチの中岡は、

毎回こちらの予想を超える奇跡を起こしてくれるんです。

ダマされた大賞のキング中岡は、

キングというより神といってもいいですね。

今のところ彼を超える騙された芸能人はいません。

そして、最近イチオシなのが、コトゥーゲことバイキング小峠!

ダマされた大賞では、スペースヤンキーとも呼ばれている小峠。

リアクションも激しくて面白いし、キングに肉薄する勢い。

それと、女性芸能人限定のローションカーリングは、

笑いあり、お色気ありの男性ファン必見の企画。

ヌルヌルローションまみれにされて坂を滑って来て、

カーリングを行うという企画なんですが、

この企画と言えば、バラドル菊地亜美でしょう!

いつもカメラに向かって白目をむく得意技を今回も披露。

アイドルグループ「アイドリング!!!」の頃の

イメージはもうほとんどありませんね。

あと、ダマされた大賞で忘れてはいけないのが、

ペナルティのワッキー扮する変態おじさん!

アイドルから女優まで、毎回女性芸能人をターゲットに、

変態おじさんが暗闇で襲い掛かる企画。

今回は、岡田結実、欅坂46、滝沢カレン、浅田舞といった

美女タレントが変態おじさんの犠牲になっちゃいました。

変態おじさんのコーナーっていつも前フリのVTRがあるんだけど、

最近、本編部分より前フリの方が長くなっている気がします。

しかも、映画並みのクオリティになっています。

内村さんも「俺らは一体何を見せられてるんだ!」と

思わず笑ってしまうぐらいですからね。

でも、それが面白かったりするんですがね。

ホント今年のダマされた大賞は最高でした!

レイア姫役のキャリー・フィッシャーさんが亡くなる

また世界的に有名な一人の女優さんがこの世を去りました。

あの大人気SF映画「スター・ウォーズ」でヒロイン・レイア姫役を務めた

キャリー・フィッシャーさんが亡くなったそうです。

そう言えば、亡くなる4日ぐらい前に飛行機内で心臓発作になり、

病院へ搬送されたというニュースが流れていましたね。

翌日のニュースでは、一時は容体が安定して落ち着いていたらしいですが、

回復することなく亡くなってしまったんですね。

キャリー・フィッシャーさんは、1977年公開の「スター・ウォーズ」で

ヒロインのレイア姫役に抜擢されて一躍有名になった女優さんです。

続編の「帝国の逆襲」や「ジェダイの復讐」にもレイア姫役で出演し、

「スター・ウォーズ」シリーズ以外にも、「ブルース・ブラザーズ」や

「恋人たちの予感」などの映画に出演されていました。

ビックリしたのが、今年発売された自伝で「スター・ウォーズ」で

共演したハリソン・フォードさんとの不倫関係を暴露していたこと。

だって、当時ハリソン・フォードさんは34歳で奥さんも子供もいたし、

キャリー・フィッシャーさんは19歳でしたからね。

この禁断愛には、本当に驚かされました。

さて、最近のキャリー・フィッシャーさんはと言うと、

実は、また「スター・ウォーズ」シリーズに復帰されています。

もちろん、彼女の出世役であるレイア姫役での復帰です。

「スター・ウォーズ」シリーズは、去年「フォースの覚醒」という

続編が公開されたのは記憶に新しいと思います。

その「フォースの覚醒」に久しぶり出演されているようです。

「スター・ウォーズ」シリーズ出演は、実に32年ぶりだとか。

これで、彼女の女優としての姿は見納めか・・・

と思っていたら、ファンには嬉しいニュースが!

なんと、来年公開予定のエピソード8にも出演予定で、

すでに撮影済みというではないですか!

これは、「スター・ウォーズ」ファンとしては、

とても嬉しいニュースではないでしょうか。

来年公開される「スター・ウォーズ」エピソード8が、

今から待ち遠しいですね。

ノンスタイルの井上裕介さんが当て逃げで活動自粛らしい

う~ん なんで十分に確認もせずそのまま去ってしまったんでしょうか。

お笑いコンビ・ノンスタイルの井上裕介さんは車を運転中に、

路上でタクシーと接触してそのまま当て逃げしてしまったようです。

この事故でタクシーの運転手は全治2週間の怪我を負ったとか。

接触事故があった現場は、世田谷区若林の交差点で、

井上さんが運転している車の後ろの左側部分と

タクシーの前の右側部分が接触してしまったみたいですね。

最初にこのニュースを知った時は、井上さんの方が後方から追突されて

当て逃げの被害にあったのかと思っていました。

でも、よくよくニュースで事故の様子を聞いていると、

井上さんの方が当て逃げをした加害者だったんですね。

どうやら、井上さんは、前方を走るタクシーを追い抜こうとして、

タクシーと接触しちゃったみたいです。

井上さんは、次の信号で止まった時に後ろから何も言ってこなかったので、

大丈夫だと判断してそのまま去ってしまったと言っています。

何かがぶつかったというのはわかっていたようなので、

とにかく、何がぶつかったか車を止めて確認すべきでしたね。

そのまま確認もせずに行ってしまうのはよくなかったと思います。

通常、当て逃げは、刑罰上では軽い罪なんですが、

おそらく、少し重い罪になってしまうんでしょうね。

もし、逃げずに車を止めてタクシーの運転手の救護など、

必要な措置を取ってきちんと対応していれば軽い罪で済んだのに。

気が動転しちゃって、冷静な判断ができなかったのかもしれませんね。

当面、活動を自粛することで出演予定だった番組も

内容を差し替えたりするなど各局対応に追われているようです。

ノンスタイルの相方の石田さんもかなりショックを受けていると思います。

だって、大好きな漫才の仕事が当分の間できないんですからね。

しばらくは、活動自粛でテレビでは見かけなくなりますが、

しっかり反省して、また漫才を頑張ってもらいたいですね。

長谷川穂積選手が世界王者のまま現役引退

不死鳥のごとくチャンピオンに返り咲いたWBC世界スーパーバンタム級

王者の長谷川穂積選手が現役を引退する決意をしたようです。

すごく応援していたボクサーだけに、本当に残念でなりません。

世界王者のまま現役引退するのは、あまり見かけないケースですよね。

引退する時って、大体が試合に負けた時だから、本当に珍しいと思います。

まあ本人は次戦にWBO世界スーパーバンタム級王者の

ノニト・ドネア選手との対戦を望んでいたらしいけど。

残念ながら、ドネア選手は、11月6日の試合で負けて王座から陥落。

ドネア選手が勝っていれば、試合が実現していたかもしれないけど、

負けてしまったことで試合も白紙になってしまったとか。

この結果を知ってモチベーションが保てなくなったようですね。

長谷川選手にとって5階級制覇を成し得たドネア選手以上の相手は、

他にはいなかったということなんでしょう。

長谷川選手は、足を使ってスピード感のあるボクシングが魅力で、

パンチの連打も速くて切れがあり、見ていてワクワクしました。

2005年に、王座を14度防衛して当時最強と言われたウィラポンを

倒してWBCバンタム級王者をなった試合は今でも忘れません。

本当に強くてカッコよかったです。

もう1戦でもいいので長谷川選手の試合を見たかった気もしますが、

このままキレイな形でボクシング人生を終えるのもいいと思います。

今後は、実業家になるような噂があるようだけど、

彼のチャレンジ精神があれば、どんな舞台でも上手くやっていけるはず。

今までの経験を活かして、ボクシングジムを作るのも良いでしょう。

それに、実業家としてだけでなく、タレントやボクシングの試合の

解説者としてのお仕事のオファーもあると思います。

これからどのような新たなチャレンジをするのか今から楽しみです。

本当に長い間お疲れ様でした。

最後の試合であなたが見せてくれた諦めない姿勢決して忘れません。