節分だから豆まきをして恵方巻きを食べよう!

今日は、各地でいろんな節分のイベントが行われています。

子供の頃は、豆まきが楽しかったけど、大人になるに連れて、

やっぱり恵方巻きを食べる方が楽しみになってきましたね。

でも、なんで節分の日には、豆まきをしたり、

恵方巻きを食べたりするんでしょうか。

今まであまり意識することなく何となくやってきたことだけど、

今回ちょっと調べてみることにしました。

今年2017年の節分の日は、2月3日(金)となっていますが、

そもそも節分って何ぞやと思いませんか?

“節分”とはその名の通り季節の分かれ目のことです。

1年の季節の分かれ目には、立春・立夏・立秋・立冬の4つあり、

これらの分かれ目の前日のことを節分と言います。

昔は、1月1日(元旦)が立春とされていたようで、

新年を無事に迎えられるように厄払いの儀式をしていたそうです。

その元旦の厄払いの儀式の名残が今の節分なんだとか。

豆まきは、「鬼は外!福は内!」と言って鬼に豆をぶつけますが、

これは、邪気を追い払って1年の無病息災を願うため。

よくテレビで昼間に豆まきをするシーンを見かけますが、

実は、昼間に行うのは、間違いって知っていましたか?

鬼というものは、昼ではなく夜になると現れるらしいので、

豆まきは、夜に行うのが正しいんです。

だから、お父さんが仕事から帰ってきてから鬼役をやってもらって、

夜に家族みんなで豆まきをやるのがちょうど良いですね。

そう言えば、小さい頃はどこの家も夜豆まきをしていたように思います。

遠い記憶ですが、夜になると近所から

「鬼は~外。福は~内。」と聞こえてきました。

あと、年の数だけ豆を食べると良いと言われていますが、

毎年真面目にきちんとやっている人は本当にいるんでしょうか。

だって、おじいちゃんやおばあちゃんになったら、

80粒とか90粒とか食べることになるじゃないですか。

たぶん、私だったら年の数も食べるなんて無理ですね。

喉をつまらせる事件だって起きているくらいですから、

高齢者の方は絶対に止めた方が良いと思います。

食べたい分だけ食べれば良いんじゃないでしょうか。

あと、節分と言えば、恵方巻きですよね。

その年の恵方を向いて食べ終わるまで黙って食べ続ける風習は、

関西地方が発祥ということがわかっています。

2017年の方角は、確か北北西だそうです。

恵方巻きは、福を巻き込んで、その福を切らずにかぶりつくことが、

縁起の良いものだということで行われるようになったとか。

この恵方巻きも昼に食べるのではなく、夜に食べるものらしいです。

でも、黙って食べろと言われても途中で絶対に笑いそうになって、

結局、毎年最後まで一気に食べれないんですよね。

おそらく、誰もが経験がある恵方巻きあるあるじゃないでしょうか。