年賀状で特に多間違い!

年賀状を書く時期になりましたが、毎年多くの人が当たり前のように使っている言葉の中で、実は間違って使っている言葉があるそうです。
特に間違いやすい言葉をテレビ番組の林修の初耳学で林先生が解説。その内容をまとめて紹介します。

最初はこちらの文章の中に間違いがありますが皆さんわかりますか?
「新年明けましておめでとうございます。」

答え:この中の ”新年” の言葉は不要なんだそうです。

解説:「年が明ける」は、その年が終わると言う意味。”新年明けまして”は、新年が終わると言う意味になる。
つまり、新しい年を迎えたのに、直ぐに終わってしまった。と言う意味になるので新年は不要。新年を迎えているので、正しくは「明けましておめでとうございます。」が正しい文章になります。

同様に英語で「A Happy New Year」の場合も”A”は不要。正しくは「Happy New Year」が正しい書き方になります。

次に、恩師に宛てた年賀状の場合
「賀正、先生 本年も昨年同様ご指導ご鞭撻のほどと末永いお付き合いをお願い申し上げます。」

答え:「賀正」は、友人や目下の人に出す場合は良いが、目上の人に年賀状を出す場合は失礼になるそうです。
このような新年の決まり文句を賀詞と言い、その中には上司や取引先、目上の人に使う謙譲語が含まれたものがあるそうです。それは、「謹賀新年」「謹賀新春」「恭賀新年」「恭賀新春」「敬頌新禧」などになります。

1文字の賀詞「寿」「福」「賀」「春」「禧」や、2文字の賀詞「賀正」「賀春」「頌春」「迎春」「慶春」「寿春」「初春」「新春」が、部下、同僚、目下、友人には使ってもOKですが、目上の方には使わない方がいいそうです。

さらに、年賀状には句読点はつけないそうです。これは、喜ばしい出来事には区切りをつないと言う意味が込められているんだそうです。