中村憲剛が歴代最年長36歳でMVP

日本のサッカーって最近ベテラン勢の活躍が凄いですよね。

横浜アリーナで行われたJリーグ年間表彰式2016Jリーグアウォーズで、

川崎フロンターレの中村憲剛が最優秀選手賞MVPに輝きました!

中村憲剛は、もう36歳になったんですね。

36歳でのMVP獲得は、3年前に35歳でMVPに輝いた横浜Fマリノスの

中村俊輔を抜いて歴代最年長での獲得なんだって!

ついでにベストイレブンにも選出されてW受賞ですね。

今季はMFながら31試合に出場して9得点するなど、

司令塔としてだけでなく、自ら得点する活躍も目立ちました。

今季の川崎が、J1年間3位という好成績だったのは、

中村憲剛が、主将としてチームを鼓舞してくれたおかげです。

今日のJリーグアウォーズの表彰式での受賞スピーチでは、

彼の人柄の良さが現れていましたね。

チームメイトやチームスタッフだけでなく、

お掃除のおばさんやグラウンド管理のおじさんまで、

川崎に関わる全ての人への感謝の気持ちを伝えていたんです。

サッカー選手としても最高の技術を持った選手だけど、

それだけでなく、人間性も本当に素晴らしい!

MVP候補は他にも何人かいたのかもしれないけど、

今回は、中村憲剛が一番MVPにふさわしかったと思います。

ベストイレブンには、他にも35歳の阿部勇樹が選出されるなど、

昔と比べて、サッカー選手の選手寿命も長くなってきていますね。

最近では、三浦知良(横浜FC)、中山雅史(アスルクラロ沼津)の

49歳コンビも現役にこだわって活躍しています。

2人共過去にMVPを獲得したことがある名選手で、

Jリーグや日本代表で一時代を築いた日本サッカーのスターです。

そんなカズやゴン中山に比べれば、中村憲剛は一回り以上年下。

心身ともに若いので、まだまだ現役でやれるはず。

中村憲剛には、2人の大ベテランに負けないように、

できるところまで現役で頑張ってほしいですね。