いびきがなくなる装置がある!

だれもが気になるいびき。自分ではいびきをかいているかわから無いけど、かいていたら恥ずかしいですよね。

現在、そのいびきがほぼなくなる装置が既に開発されているそうです。これは疲労に関しての専門家である梶本修身先生が話していたのですが、その装置は、もともとは、睡眠時無呼吸症候群を治療するために開発された医療器具なんだそうです。

器具の使い方は、患者さんにマスクを装着してもらい、そのマスクから空気を送り込むことで閉塞した気道を広げる装置。その器具をいびきがある時に気道が開くように改良したものなんだそうです。

いびきの原因は、気道が狭くなり空気が通りにくいのが原因です。そのため、酸素が上手に吸うことができない。例えて言うと、肺を風船に例えると、細いストローで風船を膨らませているようなもの。睡眠中は約4000回呼吸をしているので、寝ている間にかなり疲れてしまうんだとか。

その為、いびきは、慢性疲労の大きな原因になっていると考えられているそうです。眠っても全く疲れがとれない人は、いびきが大きな原因になっているかもです。この器具を使うと気道をしっかり広げることで、いびきもかかないし質の良い睡眠がとれるそうです。

また、いびきと言うと男性をイメージしますが、逆に、女性は肺活量が少ないので、いびきの音が小さい。でも、酸素量も少ないし、貧血や低血圧の人もいるので女性のいびきは音が小さくても危険なんだそうです。

その装置は、レンタルして使用する事ができるそうですが、価格は、保険適用になるかどうかで月々のレンタル費用が随分変わるそうです。目安は、保険適用がある場合は 約5,000円 (月)、保険適用なしの場合は 約15,000円 (月)これはあくまでも目安になります。