糖尿病の治療を中断すると危険という恐ろしい話

いや~テレビのニュースを見ていたらショッキングな話題で驚きました。糖尿病を治療中の患者さんが途中で治療を辞めてしまう人が、なんと年間55万人もいるという!その最たる理由は、自覚症状がないために、仕事を優先させて診療予約日に来なくなってしまうらしい。さらに月1回の医療費が2万円近くかかるため負担が大きいのも原因の一つ。

しかし、治療を辞めたおかげで、糖尿病がどんどん悪化して合併症を引き起こす患者が急増している!

網膜症になって失明寸前になったり、腎機能が低下して人工透析の必要性が出たり!

いずれも生命の危険がある怖い合併症なのだ。治療を中断すれば

高血糖状態が続き血管を傷つけてしまうことは知っているはずなのに・・・

なんで自分の命を大切にしないのだろう?

人工透析が必要になれば一生続けなければ生きてゆけない!

時間も取られるので仕事もまともに出来ないので失業する人も急増しているのだ!

どうせなら断糖食やればいいと思う!糖質を食べなければ血糖値は上がらないからだ!

血糖値が上がらなければ糖尿病ではない!

たったこれだけの工夫で糖尿病の合併症の危険性から解放される。

僕は治療を中断している55万人の糖尿病患者に断糖食を伝えたい。

自分の命は、あなた自身しか救えないのだから!

とにかく3日間は炭水化物と糖質を食べない生活をして欲しい。

そして食後に血糖値を計る!きっと血糖値が上がってないので驚くはずだ!

ただし長期間続けるには正しい方法を行わないと栄養バランスが崩れてしまいます。

そこで日常での食事が大切になるという訳。

とにかく糖質をできるだけ控える。

1日の食べたものをメモして糖質の量を計測すると良く解る。

それでも心配な人は食事宅配サービスを使う。

糖尿病向けの低糖質お弁当を自宅まで届けてくれるサービスです。

これなら1食あたりの糖質の量が一目で分かります。

中でもウェルネスダイニングの宅配弁当の評判が良い。

興味のある方は食事宅配サービスを試してみるのもいいと思う。