空き家の解体工事費用の相場はいくらか?

当サイトが紹介しているのは、社団法人あんしん解体業者認定協会が運営する解体無料見積ガイドというサービスです。

解体業者の中には、いいかげんな業者も多く、相見積りを取って比較しないと数十万円~100万円も費用が違う場合があります。 その為には、最低でも3社以上の業者に見積を依頼しなければ、適正価格を比較できません。 ところが相見積を取ると、それぞれの業者から強引な営業があったり、断る時に嫌な思いをしたり面倒なことが多いのも事実です。 そんな時に活用すると便利なのが、解体無料見積ガイドなのです。

簡単な手続きで解体業者3社の見積が分かる!

無料一括見積を依頼する

見積依頼フォームから必要事項を入力するだけで、最適な解体業者3社が選ばれ、現地見積を行います。

正確な見積書がお手元に届きます(最短即日~3日)

各社から提示された見積書を比較検討!気になった点は諮問して確認できます。

ご希望の条件にあった業者があれば契約します。

ご希望の解体業者と契約し、解体工事の事前準備を開始します。気に入った業者がない場合や頼まない業者への連絡は、社団法人あんしん解体業者認定協会の担当者が行いますので、お客様が連絡する必要はありません。

工事完了を確認したら工事代金を支払います。

工事完了を確認したら工事代金を支払います。建物を撤去した後は、建物滅失登記を行う必要があります。

たった数項目の必要事項をインターネットから入力するだけで、優良解体業者3社が現地を確認した上で正確な見積を無料でで提示してくれます。 解体業者が見積を競ってくれるので、最安値の費用が分かるという便利な仕組みです。しかも完全無料で使えるのですから使わなければ損してしまいます。 まずは、解体費用がいくら掛かるのかだけでも調べてみませんか?

解体工事は、もっともトラブルの多い工事!

解体工事は、もっともトラブルが発生する工事と言われています。トラブルの大半は、解体業者と依頼主とのトラブルではなく、 工事現場の近隣にお住まいの方々と解体業者または施主様とのトラブルなのです。 騒音・粉塵・ほこり・振動・整地が汚い・器物破損など工事ミスも発生します。 そのため解体業者を選ぶ時は、経験豊富な優良業者を選ぶ必要があります。

他にもネットで見つけた解体業者に依頼したら、下請け会社や孫請け会社が工事を行い、まるで話が違っていたというトラブルもあります。 ただ仲介をしているだけの業者も多いため、このようなトラブルをなくすために社団法人あんしん解体業者認定協会では、参加する解体業者に以下のような 厳しい審査基準を設けています。

 1.解体工事を専門的に行い解体工事実績が豊富な解体業者
 2.万が一の場合にも安心な賠償保険に加入している解体業者
 3.解体工事に関する免許許可証一式を取得している解体業者
 4.現地調査の上で見積に責任を持ち不当な追加請求をしない
 5.工事前に近隣へのご挨拶を責任もって行う解体業者
 6.解体工事は整地まで責任をもって行う解体業者
 7.工事前に書面で契約書を交わし代金の支払い工事日程を明記する
 8.工事中に近隣クレームがあった時は責任をもって対応する
 9.お客様が不快に思う不要な営業は行わない
 10.建設リサイクル法の届出をお客様に代わって行う
 11.工事完了後に取り壊し証明書を発行する
 12.不法投棄せず廃棄物は正しく処理をする
 13.お客様の個人情報を厳守し外部に漏らさない。
このような厳しい審査基準をクリアした解体業者が600社以上登録しています。その優良解体業者の中から、お客様の地域や物件に最適な業者を 3社選んで解体見積を競うので、安いだけじゃなく安心して解体工事を依頼できるというわけです。

解体無料見積ガイドでは、優良な解体業者だけを比べて頂くために、当サイト独自の厳しい13の審査基準を設け、それをクリアした解体業者だけをご紹介しています。 また、お客様の評価によっては、登録取り消しとする場合もございます。全国8,000社のうち、当サイトに登録できているのは600社だけです。 ※他の仲介業者さんの場合、「厳選しています」とホームページに書いていても、実際には審査が行われていない悪質なケースもございます。 ご注意ください。

万が一、解体工事を依頼した当サイト登録解体業者が、「工事完了まで解体を続けられなくなってしまった!!」といった場合でも大丈夫です。 私たちの「工事完了・工事金額 あんしん保証」なら、工事の完了と解体業者に支払った着手金(工事前に支払った費用等)を保証できます。 解体無料見積ガイドの「工事完了・工事金額 あんしん保証」は完全無料サービスです。 お客様の解体工事への不安を少しでも解消できればと思い、このサービスを始めました。

空き家を解体して更にしてしまうと税金の優遇措置がなくなるため、固定資産税が6倍になるというデメリットがあります。 その問題を解決するには、アパート経営やマンション経営、老人ホーム経営や駐車場経営など土地活用が有効です。 中でも最もリスクが少ないのが駐車場経営です。狭い土地でも手持ち資金が少なくても手軽に出来ます。 さらに初期資金も少ないので辞めたくなったら、なんのしばりもなく辞められるというメリットがあります。 興味のある方は、駐車場経営するにはをご覧ください。