糖質スリムがこだわったのは食物繊維と腸内フローラー!

血糖値の上昇を抑える食事の仕方で良く知られているのが、野菜を一番最初に食べる食べる順番です。食物繊維は2種類あります。水に溶けやすい水溶性食物繊維と水に溶けない不溶性食物繊維です。

水溶性食物繊維は、胃から腸にかけてゆっくりと移動する性質があり、この滞在時間の長さが、小腸での糖の消化・吸収スピードも遅らせます。その結果、食後の血糖値の急激な上昇を抑えて、ゆるやかにしか血糖値は上昇しなくなるのです。

不溶性食物繊維は、水に溶けにくい繊維質ですが便のかさを増やして腸を活発にする働きがあり排便を促します。

中でも、血糖値の上昇を抑制する効果が高いのが、水溶性食物繊維だと言われています。ですが、食物繊維はどちらかを摂れば良いという事ではなく、それぞれ働きが違うので、バランスよく摂れるようにするのが理想なんですが、これが現実には難しいのです。

『糖質スリム』がこだわったのはこの食物繊維のバランスです。水溶性と不溶性の両方の食物繊維がバランス良く豊富に配合されています。

さらに、もう一つ腸内環境にも着目しました。今多くのメディアで腸内フローラーが健康のためのキーワードとして取り上げられていますよね。

乳酸菌が腸内環境だけでなく血糖値も改善

腸内に存在している微生物群のことを腸内フローラと言いますが、この微生物群の生態系が崩れてしまうと、血糖値の上昇につながってしまうのです。

腸内細菌のバランスが悪くなるとインスリンの働きに影響を及ぼすことがわかっています。そこで、糖質スリムは食物繊維だけでなく、腸内フローラのバランスを整えるのに大切な善玉菌である乳酸菌を配合しています。

一般的には、乳酸菌は腸内環境を整える働きだけが大きく注目されがちですが、実は、乳酸菌には、血糖値の上昇を抑える効果も期待されているんですよ。また、食物繊維や乳酸菌などによって毎日の排便にも期待できますよね。

スーパーフルーツ酵素・ビタミンB1を配合

食物繊維以外にも、腸内フローラを整えるのに大いに活躍してくれる乳酸菌に加えて、栄養満点のスーパーフルーツ酵素もたっぷりと配合されています。

また、糖質がエネルギーとして燃焼する時に欠かせない栄養素ビタミンB1も配合されています。

ビタミンB1は水溶性なので水に溶けやすい性質、食べているつもりでも、取れていない人が多いとも言われています。とりだめができないので毎日補うことが大切です。

その他に、大麦若葉粉末、ヘンプブロテイン、ギムネマ粉末、ガルシニア、各種ビタミンも配合されており、1日たった1杯飲むだけで、その日の体調の準備に必要な栄養素もしっかり摂れるようになっています。

砂糖は使用していません!体に優しい天然甘味料を配合

そして、気になるのが砂糖です。砂糖は使用していません。エリスリトールやステビアなどの天然甘味料を配合。

エリスリトールやステビアなどの天然甘味料は、ただ甘味料としてだけでなく、血糖値の上昇を抑制する役割もあるようです。

合成甘味料とは違って私たちの体の健康に優しいので、安心して飲めるのが嬉しいです。

また、糖質スリム1杯分のカロリーはたった2.47kcalとカロリーも低くなっています。

出勤前の忙しい朝の時間、これまでは何も食べないで出勤されていた人もいるかと思いますが、それが、昼食後の血糖値を上昇させていた可能性があります。

糖質スリムをコップ1杯飲んで出かけることで、昼食の血糖値の上昇を抑えてサポートしてくれるなら、これなら続けられそうではありませんか。